鍼灸・東洋医学

LINEで送る

トレオは病院が大好き。
病院に着くとテンション上がって入り口の前へ
DROP☆パンチ
はやくでしゅーー。
DROP☆パンチ
まだでしゅ??
最近のトレオは
首の神経痛はほぼ無くなり
その代わりに出てきたのが
下半身の軽度の麻痺
ナックリング。
脚を引きずる。
腹圧が掛かると同時にウンチ。
おしっこ終わってないのに歩いちゃう。
水分を上手く飲み込めずリバース。
これ位でしょうか。。
DROP☆パンチ
首の痛みがあったころから
鍼治療は全身。
トレオに合ったつぼを教えてくれたりもします。
今はお漏らしや、ウンチもらしちゃうって事があるので
下半身をお灸で暖めてくれます。
同じお漏らしで悩むはーちゃんも下半身は暖めたほうが良いそう。
DROP☆パンチ
東洋医学では
腎→肝→心→脾→肺→(腎)
とお隣の働きを助けているんだそう。
トレオ&はーちゃんは「腎」の働き、すなわち「水」に関わる部分の「気」が弱まっているんだそうです。
トレオの場合は生まれつき弱く生まれてきたのだろうと言う事。
はーちゃんの場合はお隣の機能を助ける力が弱いので「心」まで影響が来ている。
東洋医学的にはそう考えるそうです。
お世話になってる先生は
もともと西洋医学をしていた獣医さん。
薬を使うよりもとの体の機能を元気にして病気を治したいと
東洋医学を学んだそうです。
DROP☆パンチ
トレオに良いとされているつぼはこの3つ
↑2つがジンウ
↑下の1つがヒャクエ
ここは冷やさず暖めた方が良いと言う事で
腹巻やお洋服にホッカイロで対応してます。
冷えは良い事が一つも無く
我が家には肺を患ってる家族もおりますが
気温が低いとか、天候の変わり目(気圧が下がる時)は
物凄く身体に負担になってます。
トレオの身体は今までその圧がかかると
「神経痛」
と言う痛みに覆われていました。
下を向いてご飯も食べれない、お水も飲めない
そんな状態でした。
鍼治療はかれこれ3年続いていますが
痛み止めを1ヶ月に10粒用意していても不安なほどだったのに
今年の冬は初めて1度も痛みは出ることが無かったです。
身体はすべて繋がっているので
悪い部分だけ治そうとしても上手くいかなかったりします。
先生の体験談では
腰が悪いと治療に通ってた子が
実は首付近の方が良くなくて
腰の治療を中心にしていたけど
首も良くなったと言う事もあったそうです。
身体が軽くなったからなのか、大人しいと思っていた子は
実はけっこうやんちゃで元気に動き回るようになって性格まで変わったと
飼い主さんに言われたことがあるそうです。
トレオの病気
持っているのは
脊髄空洞症と頚椎・腰椎のヘルニア・気管支の石灰化
鍼灸ではもちろん治すことはできないでしょうが
薬に頼ることなく
痛みが出なくなったり、動きが軽くなったり出来たら良いなって思ってます
DROP☆パンチ
鍼灸中のトレオ
いつも気持ち良さそうです。
少しでも長くあんよが動いて
このままずっと痛みが出ないと良いね!!
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
BubbleFudge完売しました!!ありがとうございました!
次回新作は春頃の発売予定です。aya
オリジナルストラップ&バッグチャーム発売中ビックリマーク
犬用☆アロマ☆シャンプー☆シャンプーファッジ☆ロームロッソ☆ラブルズ
LINEで送る

2012-03-08 | Posted in Blog, プライベート・愛犬No Comments » 

関連記事

Comment





Comment